海外ドラマでおなじみ!「デスパレート」の意味は?

毎日更新!英語を聞いて学べる「コスモピアeステーション」とのコラボ連載「1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン」。日常の会話シーンにでてくるリアルで簡単な英語表現をご紹介します♪

「デスパレート」の意味は?

海外ドラマでおなじみ!「デスパレート」の意味は?

今日覚えたいキーフレーズは、アナが舞台のオーディションを受けるシーンからピックアップ。

Director: Here is the story. You are lost in the woods. You are searching desperately for a way out. Suddenly, you hear something. Now, say your line!(これが筋よ。あなたは森で迷う必死に出口を探している。突然、あなたは何かを聞く。さあ、セリフを言って!)
Anna: “What was that? Hello. Is someone there?”(「何だったの?ハロー。誰かいるの?」)
Director: Anna, you are speaking too softly. Can you speak more loudly and a little more, um, seriously?(アナ、あなたは言い方が優しすぎるわ。もっと大きな声で、もっと、その、真剣な感じで言える?)

訳:コスモピア編集部 VOA Learning Englishより

今日のキーフレーズ

迷う」は “lost” 。例えば「公園で迷っている」なら “I am lost in the park.” などと表すことができます。

大人気海外ドラマのタイトルでもおなじみの “desperate“は「絶望的な」や「必死な」などの意味をもつ形容詞。上の会話では “desperately” で「必死に」という状態を表しています。

また、演劇などの「セリフ」は “line” という単語でシンプルに表すことができますよ♪

(コンテンツ公式提供:コスモピアeステーション「eステ」

この記事を書いた人
Nice to meet you!

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング