おはようございます♬

今週は前回の「この辺ではっきりさせたいshould」の続き。
なんだか強制的なイメージのある
should や must / have to=〜するべき
ネイティブはどんな風に使い分けているのか
今日もレポートしていきたいと思います。

 

そんなわけで前回お医者さんから
善玉菌を摂るように言われた私。

善玉菌=a probiotic / beneficial bacteria
と言うのが一般的。

私たちが日本で普段食べている発酵食品に入っているやつ。
納豆・味噌・チーズ・ヨーグルト・キムチなどなど。

そしてどうやらきのこも腸にいいらしいことを知り
日系スーパーできのこを大量に購入し冷凍庫へ。

と、いうことで先週は洋風朝ごはんだったので
今週は和風でまとめてみました♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、私の「お腹の中の調子」の話は置いておいて。

私たちは学校でmustとhave toは同じ。
と習った記憶があると思うのですが
実はこんな感じに違うんです。

①must
公的な声明や、公式な発言、深刻な問題について話すときに使われるイメージ
例)AIDS must be got rid of.=エイズは撲滅されなければならない。

②have to
誰かに強制されて「そうしなければならない」イメージ。
例)You have to clean your room.
=部屋の掃除をしなければなりません。

※私たちの感覚で「(普通に)○○しなければならない」と
言いたいときにはneed toを使うのがベター※

と、2週にわたって「〜しなければならない」
を表現する英単語についてレポートしましたが
次回からしばらく私が個人的に
「わかりにくい」と思っている英単語の違いについて
ご紹介させてください♬

勉強するのがなんだか楽しい季節なのは
日本から離れていても4月だから。

春は何かを始めるのにぴったりですね♬
みなさま、どうぞSweetな1日を♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング