パリ*レトロな書店カフェで朝読書

ボンジュール♪

ボンジュールの本場、パリに行ってきました。

ジュネーブとおなじフランス語圏なのに、クロワッサンひとつとっても、全然ちがうパリ。

たまにはいいか、とバターリッチなフレンチクロワッサンや、バターとジャムてんこ盛りのタルティーヌなど、パリの朝ごはんを満喫しました!

なかでも忘れられないのは、ヘミングウェイも常連だった、という古い書店ですごした朝時間です。

IMG_1313

シェイクスピア&カンパニー。

大好きな映画「ビフォア・サンセット」で、セリーヌとジェシーが、9年ぶりに再会するのがこの書店。

訪れてみたいと、ずーっと思っていた場所です。

レトロな店内は、壁じゅう本でうめつくされていて、ソファーや床に座り込んで、本を読みふける人たちでいっぱい。

IMG_1315

どうやらここに住んでいるらしい猫と、たわむれたりしながら、古書をめくったり。ヘミングウェイや、フィツジェラルドなど、書店にゆかりの作家たちの本を、手にとったり。

IMG_1328

記念に、と思って購入した一冊。

IMG_1423

書店のスタンプを押してくれました♪

IMG_1322

併設のカフェで、カフェオレを注文して、のんびり読書タイム。

IMG_1331

顔をあげれば、ノートルダム寺院という眺めです。

IMG_1330

「ビフォア・サンセット」でも、小説家ジェシーの出版イベントが開かれていた、この書店。この日も、ベトナム人作家のイベント告知が、貼り出されていました。

ヘミングウェイの時代と同じく、いまも本と人、人と人を結びつける場として、人々に愛されている本屋さん。

ただ、本を売るだけに終わらない、とくべつな場所です。

どんなに電子書籍が便利でも、こんな本屋さんはずっとなくならないでほしいぁ。

いや、なくなることはないんじゃないかな。

しみじみおもうパリの朝でした。

https://shakespeareandcompany.com

IMG_1323

*シェイクスピア&カンパニーカフェで、朝ごはんもいいですね。パリにお越しの際は、ぜひ♪

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【スイス・ジュネーブ】SWISS*チョコっとモ~ニング♪

スイス・ジュネーブ在住レポーターから届くヘルシー*インターナショナルな朝時間
Written by

saba(スイス在住)

(スイス・ジュネーブ在住)
外資系IT企業でマーケティングに従事したのち、2012年ジュネーブへ。国際機関で働くスイス人の夫とふたり暮らしの主婦、ときどきライター。ヘルシー*ナチュラル*インターナショナルな朝レポートします♪
日常ブログはこちら >> 

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング