早かった春の訪れ ー デュッセルドルフの桜事情

寒かったドイツにもようやく春が来て、特に2週間程前から夏時間になってからは夜の8時ぐらいまで既に明るく、夜の18時、19時は一番気温が高いのではと思うほど太陽が照らし、暖かい春を感じられるようになりました。ただ・・・今年はドイツで観測史上一番暖かい3月というだけあって、桜の開花が早く、気付いた時には既に葉桜に。。。満開の時を逃してしまいました。ただドイツは冬寒い分、暖かくなった途端、日本より植物が芽吹くのが早い気がするのは気のせいなのかな?

DSC_2864それでもやはり桜を見ると朝から暖かい気持ちになるのは日本人だからなのか、桜が綺麗だからなのか・・・(デュッセルドルフにはあちらこちらに桜があり、日本のようにまとまって何十本とはないけれど、プチお花見ができます)

DSC_2859そして冬には枝だけだった白樺の気にも少しずつ芽が生えてきたり、葉すら冬には見えなかった白いお花(水仙に似てる気もするけど、詳しくない私は何のお花だか断言できず申し訳ないです。。。)も咲き始め、暖かい気持ちになれた朝のお散歩時間でした。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【ドイツ】Moin moin!デュッセルドルフの朝時間レポート

ドイツ・デュッセルドルフ在住レポーターから届く朝時間
Written by

Ayano(ドイツ在住)

(ドイツ・デュッセルドルフ在住)
ドイツの中でも日本人が多く住むデュッセルドルフに住んでいます。ドイツの西に位置し、ライン川が流れ、緑も多く日本人にとってはとても住みやすい街です。日常の風景をお伝えしたいなと思っています。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング