おはようございます♪

今朝は先日シアトルに出来たばかりの
amazonの本屋さん「amazon books」へ。

amazon books

 

 

 

 

 

 

 

あのamazonがわざわざ本屋さんを開く!

これはまさに日本の蔦屋書店のような
あんな素敵な空間&サービスなのでは?

と期待に胸膨らませて行ってみたのですが…

amazon book

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

んんん?

 

この間まであったひと昔前に全盛を迎え、最近見なくなった
オシャレ本屋「Barnes & Nobles」との違いはどこに?

店内でスタバのコーヒーが飲みながら
本が読めた「Barnes & Nobles」のほうが逆に居心地良かったような?

 

と、少々毒舌が出てしまいました(/ω\)

今日はまだこの「amazon books」の良さがわからなかったので
少しこのサイトを熟読しなおしてからまた来てみたいと思います。

最近ではこの実店舗や、声やスキャンで商品を届ける
amazon dash」など新しいサービスに果敢に挑戦し続ける地元企業。

これからもお世話になります( *´艸`)
日本にもいつか上陸するのかな?

そんなときにはぜひご感想をお聞かせてください。
みなさま、どうぞSweetな1日を♪

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング