*

おはようございます。

1月6日は公現祭(こうげんさい)といってキリスト教の祭日です。

公現祭は英語でEpiphany(エピファニー)

わたしはキリスト教ではありませんが、このエピファニーの日に食べる
フランスのガレット・デ・ロワ(仏: galette des rois)が大好き!

今回は日本でも有名なベルギーのパティスリー
ヴィタメール(WITTAMER)のガレットデロワを購入しました。

息子は「当たり!のケーキ(彼の中でのガレットデロワの呼び方)」の朝食と知って
いつもより早起きし、スタンバイ中(笑)

さぁ切り分けて、いただきましょう♪

ガレットデロワは何層にも重なったパイ生地の中にフランジパーヌという
アーモンドクリームが入っていて、素朴な味わいのパイ

ヴィタメールのものはパイ生地の層がとっても多く歯触りが
さっくりとしており、中のアーモンドクリームはアーモンドの粒が
時々感じられてとても良いアクセントになっていました*

ガレットデロワのお楽しみは味だけではないのです。

息子がガレットデロワを「当たり!のケーキ」とよんでいるのは
このケーキの中にはフェーブ(ソラマメの意味)と呼ばれる
陶器が1つだけ入っているのです。

自分の食べたケーキの中に陶器が入っていた人は王冠をかぶり
幸運が1年間続くといわれています。

フェーブがあたったのは夫!
残念がる息子2人・・・(笑)

今年のヴィタメールのフェーブはカップケーキの形でした。

たまには朝食にケーキというのも良いですね。

朝からとっても楽しい時間を過ごすことができました♪

tomi

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【日本・神奈川】神奈川より朝時間をお届けします*

日本・神奈川在住レポーターから届く朝時間
Written by

tomi(神奈川在住)

2008年から夫についてベルギー王国ルーヴェンで暮らし、2016年に日本に帰国しました。神奈川県より朝時間をお届けします。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング