a14

旧フランス租界時代の欧風建築が点在する場所を歩いていくと、
ふと、ニュースタイル茶館に出会いました。

この茶館のオーナーは、上海在住のフランスの女性。
中国茶を「飲む」だけではなく、
独特の個性的な空間づくりで中国茶を「愉しむ」ことのできる茶館です。

a11


ここに飾られているものは、いかにも中国的。
たとえば、このようなレトロな風合いの絵。
そして、鳥かごをアレンジした照明。などなど。
中国茶も、一般的なものからレアなものまで揃っていて、淹れ方も本格的。

a12


でも、そこに中国らしい「原色」や「音」や「におい」はありません。
全体的に、透明感のあるインテリアに、大きな窓。
そして窓の外に見えるプラタナスの緑。

中国茶(この日は鉄観音を頂きました)を飲みながら、
それでいて、遠いヨーロッパの光を浴びているかのような気分になりながら、
誰もが「bonjour!」と囁く。
そんなニュースタイル茶館でした。

a15


お店は、このような佇まい。
うっかり見落としそうなこのさりげなさが、このお店の透明感を表しているかのようです。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【中国】美的中国手帖~大きな国の路地裏シャングリラだより [更新終了]

中国・北京在住レポーターから届く朝時間 [更新終了]
Written by

麻友子(中国在住)

(中国・北京滞在中)
住めば都、中国からの朝だより。カラープラクティショナー。China-Color に満ちたレトロモーニング風景をお送りします。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング