お客様からこんな相談が・・・・・・。
「七江さん、色でダイエットってできますか?」と。
答えはもちろんYES!
ということで、今日は、視覚でウェイトコントロールするお話をしてみたいと思います。

s-ST330451.jpg
夏なので、枝豆+ビールという最強の組合せで皆さんワクワクしますよね。アルコールがダメという人にも、アイスクリーム、フラペチーノなどなど、冷たいスウィーツが日々心を癒してくれているのでは?もちろん私もその一人。身体を冷やさないように心がけているものの、やっぱり時々は口にしてしまいます。その結果、体重に変化が出るのは決まって夏。そこでおすすめしたいのが、「色」でダイエットです。もっと食べたい!という感覚を色の力で抑えて、食べすぎを防ぐという方法です。

その食べすぎ防止に効果的な色とは、青や青紫です。食材にも青の食べ物ってナスくらいしか浮かびませんよね。それくらい青系や青紫系の色というのは、目にしているだけで食欲が減退してきてしまう色なのです。食卓を飾る食器やランチョンマット、テーブルクロスといったものを敢えて青系にするだけで食べ過ぎ防止になるというわけです。

普段から食べ過ぎが気になっている人は、夕食時だけでも暫く青いランチョンマットにしてみるのもいいかもしれませんね。ちなみに照明も白熱灯から蛍光灯にするとダイエットには効果的です。とは言っても、やりすぎは身体を冷やし、代謝を悪くしてしまいますので、ほどほどに・・・・・・ね。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

色のひと(R)七江亜紀のまいにちがカラフル日和[更新終了]

公式ブログ
色の使い方で毎日が変わる!色のひと(R)七江亜紀さんの日常[更新終了]
Written by

七江亜紀

色のひと ®/カラーキューレーター ®/株式会社ナナラボ 代表取締役

それぞれの色が持つ普遍の魅力を組み合わせ、独自の価値基準で、これからの 新しい生活価値を提案する、ライフスタイ ル・クリエーター。企業やビジネスパーソンを対象とし、 ファッション、食、インテリア等ライフスタイル全般のカラーコンサルティングを行う。
「色」を視覚だけに頼らず五感全てを通してイメージできるようさまざまなものの価値向上を図る。また多くのメディアにて監修、大学や講習会でも 講師業を行う。クチコミで広 まったサロン「Lustre(ラスタ)」 には全国から多くの女性たちが訪れている。
2009 年の処女 作「働く女性のための色とスタイル教室(講談社)」はロングセ ラーとなり、衣食住にまつわる色の本「知って役立つ色の事典・TJMOOK(宝島 社)」は発売後即完売。2015年2月には初の書き下ろし文庫本「色が教えてくれ ること・人生の悩みの9割は「色」が教えてくれる(大和書房)」を刊行。既に重版を重ね続けている。他にも著書多数。現在も新刊を執筆中。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング