ちょっと前にお客様からプレゼントをいただきました。
それがこれ。生成りのオーガニックコットンタオル。

s-ST330400.jpg

何とも言えない肌触りにほんわかとした気持ちにさせてくれる色み。カラダに優しいなって見て触っただけでわかってしまうのだからすごい。

生成りとは、漂白していない状態のことをさしますが、フランス語で未加工の意味をもつ「エクリュ」も生成りのこと。

最近では、エクリュという色名で表記されているものもちらほら見かけます。

他にもエクリュには、「素直なまま」という素敵な表現もあります。キレイな色名ですよね。

夏になると必ずキーカラーとしてあがってくる白ですが、バリエーションも豊富。純白の白もあれば、真珠色のシャンパンホワイトやミルクのようなソフトな色みをしたミルキーホワイトなど実にたくさんあります。

中でもエクリュや生成りは女性には大人気。

セーターやパンツ、スカートといった普段アイテムは勿論のこと、ウェディングドレスにこの色をチョイスする人も増えているようですよ。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

色のひと(R)七江亜紀のまいにちがカラフル日和[更新終了]

公式ブログ
色の使い方で毎日が変わる!色のひと(R)七江亜紀さんの日常[更新終了]
Written by

七江亜紀

色のひと ®/カラーキューレーター ®/株式会社ナナラボ 代表取締役

それぞれの色が持つ普遍の魅力を組み合わせ、独自の価値基準で、これからの 新しい生活価値を提案する、ライフスタイ ル・クリエーター。企業やビジネスパーソンを対象とし、 ファッション、食、インテリア等ライフスタイル全般のカラーコンサルティングを行う。
「色」を視覚だけに頼らず五感全てを通してイメージできるようさまざまなものの価値向上を図る。また多くのメディアにて監修、大学や講習会でも 講師業を行う。クチコミで広 まったサロン「Lustre(ラスタ)」 には全国から多くの女性たちが訪れている。
2009 年の処女 作「働く女性のための色とスタイル教室(講談社)」はロングセ ラーとなり、衣食住にまつわる色の本「知って役立つ色の事典・TJMOOK(宝島 社)」は発売後即完売。2015年2月には初の書き下ろし文庫本「色が教えてくれ ること・人生の悩みの9割は「色」が教えてくれる(大和書房)」を刊行。既に重版を重ね続けている。他にも著書多数。現在も新刊を執筆中。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝美人スタイルの人気ランキング