英語の「To be honest」の意味って?

 
毎日更新!英語を聞いて学べる「コスモピアeステーション」とのコラボ連載「1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン」。日本文化について語る日本人と外国人の会話から、覚えておきたいフレーズやキーワードをご紹介します♪

考える女性

英語の「To be honest」の意味って?

おみやげ選びに迷うエリスとナオの会話から、覚えておきたい英語表現をチェック!

Ellis: To be honest, I don’t see anything I want to buy here.
(エリス:正直に言うと、ここには買いたいものがないね)

Nao : Would you like to try somewhere else?
(ナオ: ほかの場所も見てみますか?)

Ellis: Sure. I also need to buy a few gifts for friends.
(エリス: ええ。友だち用のプレゼントも買う必要があるし)

Nao : How about household items you can only get in Japan?
(ナオ:日本でしか手に入らない生活用品なんてどうでしょう?)

出典:コスモピア eステーション『おもてなし英会話』

Pick up!キーワード

  • To be honest:正直に言うと
  • somewhere else:他のどこか
  • need to:~する必要がある
  • household items:生活用品、日用品

「To be honest(正直に言うと)」と似た表現の「To tell the truth(実を言うと)」「Actually(実は)」も、英会話でよく使われます。一緒に覚えておきましょう♪

☆英語力を磨いて、日本にくる外国人をおもてなしできるようになりましょう♪明日のレッスンもお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン

毎朝1つずつ覚えたい英語の使えるフレーズをご紹介♪
Written by

編集部(協力:eステ)

【英語トレーニングWebサイト】https://e-st.cosmopier.com/

コスモピアeステーション(eステ)』は、オンラインベースの語学学習プラットホームです。
シャドーイングをメイントレーニングに捉えた「英語聞き放題コース」や、やさしい英語をたくさん読む多読ができる「英語読み放題コース」のほかに、オンライン英会話のネイティブキャンプさんとのプロジェクトで、聞く・読む・話すがすべてトレーニングできる「英語話し放題コース」も好評展開中です。

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング