英会話によく出てくる「silly」の意味は?

 
毎日更新!英語を聞いて学べる「コスモピアeステーション」とのコラボ連載「1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン」。日常の会話シーンにでてくるリアルで簡単な英語表現をご紹介します♪

英会話によく出てくる「silly」の意味は?

今日覚えたいキーフレーズは、アナがマーシャと子供の頃の夢について話すシーンからピックアップ♪

Anna: In fact, I wanted to be … Don’t laugh. President of the United States! Stop! I know it’s a silly childhood dream.(事実、私がなりなかったのは… 笑わないで。アメリカの大統領!止めて!くだらない子どもの夢だってわかってるわ)
Marsha: I’m sorry. It’s not silly. Guess what I wanted to be?(ごめんなさい。くだらなくないわ。私が何になりたかったか知ってる?)
Anna: What?(何?)
Marsha: When I was a kid, I studied the stars and planets. I wanted to fly into outer space.(子どものころ、私は星や惑星について勉強してたの。宇宙に行ってみたかったのよ)

訳:コスモピア編集部 VOA Learning Englishより

この会話を動画でチェック(eステーションへ) >>

(※eステーションへの無料会員登録が必要です)

今日のキーフレーズ

恥ずかしいことを告白する時など「笑わないでね」と言いたい時は、”Don’t laugh.” でOK。

また、海外ドラマでもよく耳にする “silly” は「くだらない」「ばかげた」という意味で、 “It’s not silly.” (=「くだらなくないよ」)、 “Don’t be silly.” (=「ばかなこと言わないで(しないで)」) などと表現されます♪

動画でチェック!

英語力は、繰り返して何度も聞いたり、声に出して練習することでアップします。この会話を動画見ながら音声で聴きたいなら、コスモピアeステーションのページをチェックして!

この会話を動画でチェック(eステーションへ) >>

(※eステーションへの無料会員登録が必要です)

このコンテンツをスマホで聴こう!アプリダウンロードはこちら >>

★東京五輪までにいつでもどこでも英語力アップ!今なら「英語聞き放題」コース月額500円コスモピアeステーション「eステ」

(コンテンツ公式提供:コスモピアeステーション「eステ」

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン

毎朝1つずつ覚えたい英語の使えるフレーズをご紹介♪
Written by

編集部(協力:eステ)

【英語トレーニングWebサイト】https://e-st.cosmopier.com/

コスモピアeステーション(eステ)』は、オンラインベースの語学学習プラットホームです。
シャドーイングをメイントレーニングに捉えた「英語聞き放題コース」や、やさしい英語をたくさん読む多読ができる「英語読み放題コース」のほかに、オンライン英会話のネイティブキャンプさんとのプロジェクトで、聞く・読む・話すがすべてトレーニングできる「英語話し放題コース」も好評展開中です。

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング