DSCF6457

毎週火曜と金曜の午前中に開かれる青空市では、
枝の主日の宗教行列に参加する人が手に持つ枝が売られていました。
家に帰った後はベランダなどに飾る習慣があります。

DSCF6453

枝の主日とは、日曜日から始まる聖週間(セマナ・サンタ)の初日のこと。
キリストがエルサレムに入城した際、人々が椰子の木の枝を手に
歓迎したことにちなみ、このように呼ばれています。

DSCF6454

聖週間はキリストの復活前の1週間の受難を記念したもので、
スペインでは復活祭よりも盛大に祝われます。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【スペイン】オレンジの里バレンシアからBon dia!

スペイン・バレンシア在住レポーターから届く朝時間
Written by

田川敬子(スペイン在住)

2002年春よりスペイン在住。現在はバレンシア郊外の小さな旧城下町ハティバで、スペイン人の夫+息子+3匹の猫と暮らしています。タイトルのBon diaは、バレンシア語(バレンシア州の公用語)でおはようという意味です。子育てブログはこちら

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング