子供のための朝時間@ロンドン動物園

Bonjour,

 

前回に引き続き、子供のための朝時間ということで、ロンドン動物園へ行って来ました。

普段家にいるときは、朝の時間は「家事をしながら育児」ととても忙しくて、育児と言っても淡々と着替えや食事の準備などを熟す程度。子供と一緒にいながらも、子供と一緒に「過ごしていない」気がします。

でも、旅行の時や、こういった出張の時は家事をしなくて良い分、子供と過ごす時間がぐっと増えるのが嬉しい所!勿論、どちらも自分の時間はまだありませんが、何も考えずに子供と過ごせる時間が出来るというのは有難いことです。

 

ということで、この日の娘との二人デートはロンドン動物園。

動物園は個人的にはあまり好きではないので、娘が生まれる前は連れて行こうなんて思ってもいなかった場所なのですが、動物好きな娘の頭の中は常に動物でいっぱい。口癖のように動物園に行きたい!って言うのです。

 

DSC_0127

 

バスを乗り継いで動物園へ!

道が混んでいて結構時間がかかったので、二番目に乗ったバスの中で娘は寝てしまいました。不安が的中!無理やり抱え降りて、何とか動物園まで歩いて来れました。

 

16

 

この動物園は面白くて、動物だけではなく、動物園の中に(規模は小さいけど)水族館もあったり、ライオンのコーナーの近くにはインドの街並みが作られてあったりと、ブラブラお散歩をするのも楽しそうです。園内にはカフェやレストランも幾つかありましたし、子連れだけではなく、大人同士で来ている人も結構いました。

 

DSC_0139

 

おサルのコーナーでは子猿をおんぶした親子猿が頭上を頭すれすれに通り過ぎたり… 狭いながらにとても工夫された造りでした。入場料はちょっとお高いのですが、こんなロンドン観光もありかと思います。

 

DSC_0141

 

バスで居眠りしてしまった時は、無事に動物園に行けるのかハラハラしましたが、なんとか午前中は持ちこたえて楽しんでくれました。が、帰りのバスでは爆睡。乗り換えしても起きないくらいでした。お陰で、バス停からアパートホテルまでの約1キロ、抱っこしたまま歩いてクタクタです。

 

今度、人生初めての娘と二人きりの旅行に行くので、その為の修行ですね。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【フランス】ボンジュールから始まるパリの朝

フランス・パリ在住レポーターから届く朝時間
Written by

YOUMI(フランス在住)

10代の頃からソウル、チューリッヒに住み、現在はパリ在住です。美術館で働いていましたが、今は再び大学に戻って勉強中!夫と二人、パリで素朴な生活を楽しんでいます。皆さまにパリ(フランス)の色々な朝の様子をお届けします♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング