子供のための朝時間@Kent Life

Bonjour

 

ロンドン出張に行く途中に立ち寄ったアッシュフォードで朝を迎え、ロンドンへ向かう途中に2歳の娘の為に立ち寄ろうとしたリーズ城。

 

でも、リーズ城は入場料が高いうえ、2歳の娘の為というには少し早すぎるのではないか、という意見に達し、急遽2歳の娘でも楽しめるKent Lifeという牧場へ立ち寄ることにしました。

 

DSC_0084

 

ここは所謂観光用の牧場なのですが、家畜系の動物たちやロバや馬、フクロウなどがいて、入り口で入場券と共に動物にあげるエサを購入すれば牧場内の動物たちに自由に餌をあげることができます(ロバと馬以外)。

 

DSC_0095

 

その他、ケント州の昔のお店や家屋などが再現されている展示もありました。子供も大人も楽しめる小さな自然のテーマパークのような感じでしょうか。

 

DSC_0099

 

最後に小さなポニーのブラッシングもさせてもらいました。いろんな体験が出来て娘も楽しかったようです。

 

我が家は主人の帰りが夜遅いことが原因で、家族全員夜が遅いのですが、旅に出ると朝早く起きるし、朝の新鮮な空気の時間が勿体ないから出来るだけ動くようになります。午後はまったりゆっくり過ごしたいというのもあるのですが。。。

 

ということで、子供の為にどこかへ行ったり、何かをしたり、ということは自然と午前中の早い時間にしています。ですので我が家では、朝は「子供のための時間」なのです。

 

今年9月に娘が幼稚園に入園したら、この子供のための朝時間が「私のための朝時間」になるのかな、なんて淡い期待を抱いている今日この頃です。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【フランス】ボンジュールから始まるパリの朝

フランス・パリ在住レポーターから届く朝時間
Written by

YOUMI

10代の頃からソウル、チューリッヒに住み、現在はパリ在住です。美術館で働いていましたが、今は再び大学に戻って勉強中!夫と二人、パリで素朴な生活を楽しんでいます。皆さまにパリ(フランス)の色々な朝の様子をお届けします♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング