ちょうどいい塩梅!向田邦子さんも愛した「中田食品 梅ぼし田舎漬」

 

本連載「モーニング・マルシェ」では、朝時間.jp編集部がセレクトした、朝が楽しくなるアイテムを日替わりで紹介します!

塩分と酸味、柔らかさがちょうどいい!向田邦子さんも愛した「中田食品 梅ぼし田舎漬」

9

もうすぐ、新米が出始める頃。つまり、炊きたてのご飯が、1年で1番おいしい季節がやってきます。

今回おすすめするのは、ご飯のおともとして欠かせない「梅干し」の名品、中田食品の「梅ぼし 田舎漬」です。

果肉が柔らかい紀州産南高梅(なんこううめ)を、ほどよい塩味で漬け込んだ、梅干し。塩分も、酸っぱさも、そして、だしのうまみも強すぎず弱すぎずの、ちょうどいいバランスで、昔から愛されているこちらの一品。

「物心ついた時から何十年も、ずっとこの梅ぼしを食べている」という編集部スタッフHによると…

「小さい頃からずっとこの梅干しを食べています。就職してひとり暮らしをはじめたとき、別の梅干しを買ってみたら、どうも違う。その後、いろいろな種類の梅干しを試してみましたが、どれも、皮が硬かったり、薄味すぎたり、酸味より甘み(はちみついりなど)が強かったり…

ある日、母から届いた荷物の中に、この「梅ぼし 田舎漬」が入っているのをみて、これだー!と(笑)心からうれしく、母の愛情とカンに感謝したのを覚えています。

その後も梅干しは1度も浮気していません。大きなスーパーはだいたい売っているのですが、今住んでいるおうちに近いスーパーには、残念ながら置いていないため、定期的にamazonで買っています。

たっぷり入っているので、コスパも◎ですよ。

ある時、知ったのですが、あの美食家としても有名な、作家の向田邦子さんが取り寄せていたのも、この梅ぼしだそうです。

淡い色合いで、しっとりと柔らかく、まろやかだけでど、でも塩味と酸味はちゃんとしっかり効いていて…という、なんだか私が抱いていた向田さんのイメージと重なる気がして、ますます大好きになりました。おすすめです!」

とのこと。

※この写真はイメージです。実物とは異なります

暑さがおさまり、そろそろお弁当づくりを復活させようという方も多いのでは?

お弁当はもちろん、梅肉和えなどのお料理にも。はちみつ漬けが甘くて苦手…そんなな方にもおすすめですよ。

今年最初の新米にあわせる「ご飯のおとも」として、味わってみませんか♪

中田 梅ぼし田舎漬 600g

商品詳細・購入はこちら(amazon.co.jpへ)>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

今日の朝の人気ランキング