プティ・パリで過ごす朝時間

 

DSC_3765

4日間のイースターホリデーが終わりましたが
学校の春休みが続いていることもあり、とっても静かな連休明けとなりました。

我が家は、イースターホリデーをプティ・パリ(フランス北部の街、リール)などで
過ごしました。この朝時間のページで何度も掲載させていただいているほど
プティ・パリは、お気に入りの街のひとつです。

一見するとパリのオペラ座のように見えますが、リールのオペラ座です。
夜はライトアップされて、とても美しいのです。

DSC_3849

ベルギーとの国境も近く、どことなくブラッセルやブルージュにある広場にも
似ていますね。
背の高い塔のある建物はリール商工会議所です。

DSC_3800

パリのルーブル美術館に次ぐフランス第二の美術館と言われているリール美術館。
とても大きくて見応えもたっぷり!

DSC_3825

リールの旧市街は石畳で、パリにもよく似た佇まいですが
やっぱりどこかベルギーの香りがする素敵な街。。

DSC_3832

郵便屋さんの自転車でさえも、お洒落ですね。

DSC_3718

お気に入りの「MEERT」のウィンドウは、朝から綺麗なケーキを眺める人達で
賑わっていました。

DSC_3706

フランスのイースターらしく子羊のケーキも。
イースターやクリスマスシーズンに違う文化を持った国で過ごすことで
いろいろなことがわかり、勉強になります。

リールの街を後にして向かったのは、映画の舞台で有名になった
小さな小さな村。。 続きはまた。

皆さまもよい一日をお過ごしでありますように。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【イギリス】とっておきの『英国時間』

英国・カントリーサイド在住レポーターから届くイギリスのさわやかな朝時間
Written by

rie(イギリス在住)

(イギリス・カントリーサイド滞在中)

東京都出身。テーブルコーディネーター、ポーセラーツインストラクター。

18年間暮らしたロンドン郊外リッチモンドヒルからイギリス国内でも屈指の美しさを誇るカントリーサイドに移り住みました。イギリスから爽やかな『朝時間』をお届けいたします。日常はこちらのブログにてご紹介しております。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング