18bis2

BONJOUR !

バルビゾンの町を歩いていると、”TOKYO-PARIS”と書かれた看板が!
なんだろうと思って覗いてみたら、
なんとそこはフランス国家最優秀職人賞を受賞したフィリップ・ウラカ氏のお店。
一体どんな味のマカロンなのでしょうか?
それは食べてからのお楽しみ!ということで、ここでティータイム♪

18bis

左から、フランボワーズ、バニラ、ショコラ、ティラミス♪
パリの老舗とは一味違うフィリップ・ウラカ氏のマカロン。
もっちりした歯ごたえはまるで繊細な和菓子のような感触でした。
甘いもの大好きな夫も、ここのマカロンが一番美味しいと大絶賛!

18

チューリップのライトもとてもキュート♪
明りが灯るまで座っていたい、そんな中庭カフェでした。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【フランス】ボンジュールから始まるパリの朝

フランス・パリ在住レポーターから届く朝時間
Written by

YOUMI(フランス在住)

10代の頃からソウル、チューリッヒに住み、現在はパリ在住です。美術館で働いていましたが、今は再び大学に戻って勉強中!夫と二人、パリで素朴な生活を楽しんでいます。皆さまにパリ(フランス)の色々な朝の様子をお届けします♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング