焼きクロワッサンはスペインのオリジナル?

前回に引き続き、クロワッサンの話です。

もともとクロワッサンは焼いてつくるものなので、
焼きクロワッサンという言い方に違和感を感じるかもしれません。
が、スペインでは既にできあがっているクロワッサンを
再び焼いて食べるのです。

それはクロワッサン・ア・ラ・プランチャ。
バルやカフェで見かける朝ご飯です。

クロワッサンを横半分に切り、フライパンや鉄板で両面をジュッと焼きます。
たいていはギュッと押し付けるので、ペチャンコになって出てきます。
これにバターやジャムをぬって、「いただきまーす」

 

 

最近は少なくなった香ばしさのないスペイン式のおいしくないクロワッサンは、
焼きクロワッサンにするとおいしくなります。

お家で簡単にできるので、試してみてくださいね。

でもこの焼きクロワッサン、本場のフランスにも存在するのでしょうか???

 

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【スペイン】オレンジの里バレンシアからBon dia!

スペイン・バレンシア在住レポーターから届く朝時間
Written by

田川敬子(スペイン在住)

2002年春よりスペイン在住。現在はバレンシア郊外の小さな旧城下町ハティバで、スペイン人の夫+息子+3匹の猫と暮らしています。タイトルのBon diaは、バレンシア語(バレンシア州の公用語)でおはようという意味です。子育てブログはこちら

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング