<生イクラの醤油漬けとほぐし方>

生イクラの醤油漬けのほぐし方いろいろ。
材料
5人以上
  • 生イクラ ・・・ひとはら
  • A だし入り醤油 ・・・大さじ2~3(イクラの量で調整します)
  • A 醤油 ・・・大さじ2~3(イクラの量で調整します)
  • A みりん ・・・大さじ2
作り方
1時間以上
  • 生イクラの皮をとってイクラをほぐします。 ?私はいつも、皮の切れ目から、丁寧に手で粒をほぐしながら取っていきます(それだけかっ)でも、粒をつぶさないように手で取るって、けっこう大変なんです。こっから下は、クックパットやネットで紹介されている方法です。色々ありますね~。お好きな方法でほぐして下さいね。
  • ?ボウルに1?の湯38℃~40℃(ぬるめのお風呂位)と塩を入れて、網を使って筋子をほぐしていく方法もあるようです。 皮の破れているところを押し付けながら、網の穴へしごき取ります。 お湯に入れていると白っぽくなりますが、後で戻るそうです。お湯に入れると汚れが落ちやすく、生臭さが消えるんですって。 かき混ぜるとつぶれた卵や汚れなどが浮いてきます。5.6回間水を替えて汚れを流します。ザルにあげて30分水気を切ります。
  • ?皮の切れ目を上にしてまな板の上に置きます。泡だて器で丁寧に皮からこそげとるようにいくらをはがしていきます。塩水で残った皮やつぶれたたまごを綺麗に取ります。これを2~3回繰り返します。
  • ?お餅や魚などを焼く網を使って、大胆に押し付けてほぐします。残り少なくなったところで、あとは手で割れないように丁寧にほぐしていきます。 水の量に対して5%の塩水に漬けます。手で塩水をかき混ぜて、浮いた薄皮やごみなどを取り除きます。(3回ほど繰り返す)
  • ?ボール一杯分の40℃くらいのぬるま湯に小さじ1の塩を溶かし、イクラを入れます。 ぬるま湯に入れると白っぽくなります。イクラを平らに裂き、袋側に菜箸を刺します。ぬるま湯の中でかき混ぜて振り落とします。 とき卵をするように上下にほぐすように、一気に皮からはがします。 まだはずれていない固まりがあるなら、菜箸の刺す場所をかえて、またかき混ぜます。だいたいはずれたら、後は手ではずします。 水を替えて、残っている、袋や、筋を取り除きます。何度か水をかえながら、つぶれたいくらの袋も浮いてくるので水と一緒に流します。ぬるま湯がきれいになったら、ほぐし終わりです。ザルにあげて、水気を切ります。最後にキッチンペーパーを敷いて、よく水気を除くと味が薄まりまらないそうです。
  • ?塩分濃度は3%くらいの食塩を溶かしたぬるま湯で洗う(ほぼ海水と同じ塩分濃度)。バトミントンのラケットを使ってほぐす。。。なんていうのもありました。
  • ほぐしたイクラはAで半日以上漬け込みます。私はたいてい一晩漬けます。
ワンポイントアドバイス
色々な方法があって、目からうろこです(^^)/
レシピの投稿方法:姉妹サイト「レシピブログ」に会員登録の上、レシピ投稿の際に「レシピテーマ」で「朝ごはん」にチェックを付けて投稿されたものは朝時間.jpにも表示されます。

このレシピを投稿した人
Nice to meet you!