今日の朝

すきま時間に簡単!きれいなくびれを作るピラティス「テイル・ワグ」

おはようございます!ピラティスインストラクターみぃです。

今日は、きれいなウエストラインを作る「テイル・ワグ」というピラティスエクササイズを紹介します。

テイルはしっぽ、ワグは左右にしっぽを降る動きのこと。つまり、子犬が自分の尻尾を追いかけるような動きのエクササイズです。

とてもシンプル&簡単なので、すきま時間に気軽に取り組めますよ(^^

ぜひ最後まで読んで、トライしてみてくださいね!

すきま時間にきれいなくびれを作る!ピラティス「テイル・ワグ」

ウエストの引き締めとストレッチを同時に行い、しなやかなくびれを作っていきます。

1) 四つ這いになり、スタートポジションをとる。

※腕と太ももはそれぞれ床に垂直になるように

※腹圧を軽く入れて、背中を平らにする

2) 息を吐きながら、プリッと横に向けたお尻を肩越しに覗き込む。

※側屈してる方のウエストをキュッと引き締める意識を入れる

※反対側のウエストはストレッチされている

3) 息を吸いながら、スタートポジションに戻る。

4) 息を吐きながら反対側も行う。

(1)〜(4)を10回繰り返す

これはダメ!NG例

【1】肩の力が抜ける

次の3つの意識を大切にすると、肩の位置が安定し、背中を平らに保てます。

これらの意識が抜けると、腹圧が抜けてウエストに効きません

さらに、肩や背中を痛めるきっかけにもなるので要注意です。

【2】肘が伸びすぎる

肘は軽くゆるめます。自分では軽く曲げているけど、他人からみたら真っ直ぐに見えるようなイメージです。

肘が伸びすぎていると、肘関節や手首の怪我につながるので気をつけてくださいね。

【3】背中が丸くなる

腹筋が抜けているサインです。

背中の上部が丸くなる人は、肩を下げて脇を締める意識を入れてください。

腰が丸くなる人は、少しだけお尻を天井方向に突き出すような意識を入れて、腰を平らにしましょう。

【4】重心が前後にズレる

肩の真下に手のかかと、腰骨の真下に膝がくるようにします。

お尻が引けているのは腹筋の意識が保てていないサインです。

肩が手首を乗り越えるのは、腕でばかり頑張っているサイン。これは手首を痛めるので気をつけてくださいね。

効く場所

回数の目安

10セット(左右に側屈で1セット)

エクササイズのポイント

※それでも手首が痛い人は、肘をついて行うか、このエクササイズはお休みしましょう

***

いかがでしたか?

もしかすると、体が硬くて「お尻を覗けない!」という方もいるかもしれません。

でも、大丈夫です!

ピラティスのエクササイズは今回のエクササイズのように、ガチガチに筋肉を固めるのではなく、筋肉を伸ばしながら動いていきます。

ですので、姿勢を保てる範囲で繰り返していくことで、少しずつ筋肉に柔軟性がついてきますよ(^^)だから諦めないでくださいね!

 「できる範囲で」「無理なく」を大切に。小さな積み重ねが、大きな変化を生みます。変化の過程を、一緒に楽しんでいきましょう!

***

今回のエクササイズ動画をInstagramにもアップしました!ぜひ動画もご活用ください。

動画はこちら▼

https://www.instagram.com/reel/ClBJ9_BJYlG/

最後までお読みいただきありがとうございます!今週も健やかに過ごせますように♪

この連載は<毎週木曜日>更新です。来週もどうぞお楽しみに!

朝時間.jpを無料アプリで手軽にチェック!★★★★★